医療法人社団 健輝会 大竹歯科

  • 診療コンセプト
  • 診療項目
  • スタッフ紹介
  • 医院情報
  • アクセス

029-871-0418(10:00~18:00)

「大竹歯科」の安全なインプラント治療

MENU

  1. HOME>
  2. 安全なインプラント治療

Implant

安全なインプラント治療

大竹歯科がおすすめするインプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工歯を装着して歯の機能を回復させる治療法です。

大竹歯科がおすすめするインプラント治療

牛久の歯医者、大竹歯科では十分な検査を行い、患者さま一人ひとりに合った治療計画をご提案いたします。
インプラントをご検討の方は、当院までご相談ください。

インプラント治療のリスク

インプラント治療は、インプラントを顎の骨に埋め込む際に外科手術が必要となります。
そのため、口腔内の状況や顎の形状、神経や血管の位置を正確に把握しておかないと、トラブルを招くことになりかねません。

外科手術で考えられるリスク
神経の麻酔 血管の損傷 術後の腫れ
顎周辺の神経にドリルやインプラントが接触することで、神経が損傷したり圧迫されたりして、唇や顔面にしびれや違和感、また痛みが引き起こります。 顎の骨に穴をあける際やインプラントの埋入時に血管を損傷してしまい、大量出血につながる恐れがあります。 歯ぐきの切開や顎の骨の穿孔(せんこう)を伴うため、手術の後、口腔内に腫れが生じることがあります。
神経の麻酔
顎周辺の神経にドリルやインプラントが接触することで、神経が損傷したり圧迫されたりして、唇や顔面にしびれや違和感、また痛みが引き起こります。
血管の損傷
顎の骨に穴をあける際やインプラントの埋入時に血管を損傷してしまい、大量出血につながる恐れがあります。
術後の腫れ
歯ぐきの切開や顎の骨の穿孔(せんこう)を伴うため、手術の後、口腔内に腫れが生じることがあります。

この他にもインプラント治療では、「インプラント歯周炎」という歯周病に似た症状を引き起こすリスクもあります。

専門医による確かな治療

専門医による確かな治療

上記のようなリスクがあるインプラント治療ですが、専門医による確実な処置が受けられれば決して危険なものではありません。
当院の院長は一般社団法人先進インプラント医療学会の専門医として、これまで様々なケースのインプラント治療を成功させてきました。
日本人に合わせた日本製のインプラントシステム「AQB」を使用し、インプラント黎明期からの治療実績で、確かな治療を患者さまにご提供することができます。
安心して治療に専念したい方はぜひご相談ください。

AQBインプラントとは?

AQBインプラントとは?

大竹歯科で取り扱っているAQBインプラントは、AQBが東京医科歯科大学医用機材研究所との研究で開発された国産のインプラントです。
 歯根部の「再結晶化HAコーティング」による早期の骨結合と、骨への親和性が高いことが特徴で、最短1ヶ月程度で物を噛むこととが可能になります。
シンプルな構造をベースとしているため術中・術後も患者さまへの負担を軽減できます。

↑

35.9762107,140.14052100000004

医療法人社団 健輝会 大竹歯科

35.9762107,140.14052100000004